考えることが多い人に見られそうな特徴(思いついたことは試してみたほうが良い理由を書いてみた)

Category :
ノートの電子化
自分に気づいたメモ:

考えることが多い人に見られそうな特徴(思いついたことは試してみたほうが良い理由を書いてみた)

理論的に考えるから、うまくいきそうな考えは思いつく。

しかし、人にもよるが想像力には限界がある。

その思いついた理論通りにやったら、実際にはどういうことになるのかがわからないのだ。

(何が起こるか他のことまで把握しきれない。いったい何が起こるのか?)

つまり、一言で言うと、現実味がない。

限界が来たところでそれ以上考えるのをやめてしまうのだ。

現実味がないと、良いアイデアや、考えかたを持っていても、実行になかなか移そうとしない。

現実味を持たせるまで考え、把握するのは、コンピューターのシュミレーションでもとても難しいことだろう。

地道にノートに書いていったとしても、とても大変だ。

現実味をもたせる一番いい方法は、実際に思いついたことを自分自身で試してみることだ。

自分の経験=自分にとっての最高の証明

何にせよ最上の証明とは経験である。"By far the best proof is experience."フランシス・ベーコン



(高校生もなっていまさら気づいたことだけど、気づいたときはハッとした(・o・)ので書いてみた)
スポンサーサイト

書評書いてないけど

Category :
書評・本の紹介
最近書評書けてないですけど、本は読んでます。

前みたく、読みやすくて、すぐに読み終える本を少ししか読まないので、なかなか書評にできないです。

あと、自伝や伝記ものが多いので内容を理解できているか心配なので。

だから書評はしばらく書けないかもしれないです。

あ、でも右端の「今週読む本」は更新します。

最近。

Category :
その他
自己啓発本とか、ビジネス関連のことから、そろそろ、いったん、手を引こうかと考えている。

どうも最近、そういった本を読むのが時間の無駄のような気がしていた。

それよりも、科学とか、学問系でやりたいことは山のようにある。

同時に、2つ以上のことは、できないということで、

なにかの分野に取り組むときは、同時にあれもこれもは、できないと

最近になってやっと気が付いた。

今の内に、真剣に取り組むべきことは、

他にあるんじゃないのかと思い始めたわけだ。

だから

いまからは、自己啓発本、ビジネス本、ハウツー本、ノウハウ関連の本は、

自分から進んでは、読まないことにする。

他の人から勧められた本なら、読むかもしれないけど、

書店で、自分からそのような本を手に取ることは、ないということだ。

(人から勧めれた本は、できるだけ読むようにしている)


それに、自分の体に入れていく、本はできるだけ良い本がいい。

『天才は10歳までにつくられる―読み書き、計算、体操の「ヨコミネ式」で子供は輝く!』

Category :
書評・本の紹介
天才は10歳までにつくられる―読み書き、計算、体操の「ヨコミネ式」で子供は輝く!天才は10歳までにつくられる―読み書き、計算、体操の「ヨコミネ式」で子供は輝く!
(2007/04)
横峯 吉文

商品詳細を見る



いやあ、読んでいてびっくりした。著者の考えと重なる部分が多くて、自分が言葉にできないこともうまく言葉にしてたので内容に驚いたのと同時に、その能力自分も欲しいと感じました。

まず、1章から。

「10歳までに平均3000冊を読破!」

え!?うそだろ?こんなに読めたら、みんなすごいことになりそう。なにが、すごくなりそうか、と言うと例えば、それから先の人生でもたくさん本を読める人間になるとか、思考回路が他の子と違って、いろいろやってくれそうとか。ひょっとすると速読ができる子も出てくるかもしれないなどなど。

本をたくさん読める人間になると、明らかに、話とかしても、他の人と思考回路が違うし、話していても面白い人になる。学校の先生とか、ためしに比較してみるとよーくわかる。

自分の能力を上げたい。でも何をしていいのかわからない。っていう人がいたら本を読むといいよってアドバイスする。とりあえず本を大量に読んでおけばこれは、まず間違いない。(読む本でだいぶ変わると思うけどここでは触れない)

だから、これができた人は、きっと一般人とは違う人になる。そう感じたから、すごいと文章の上で言った。


次に英語。この本では「0歳から英語の歌を歌う。ビデオを観る。卒業までには英語劇もできるようになります」と書かれている。英語の映画を見たり洋楽を聞きまくるとリスニング力と何となくの英語の直観力がついてくる。これがあると英語はいろいろと違うのでこれもおそらく正しい。英語劇に関しては、自分の場合話す訓練はしていないのでをわからないが自分で暗唱とかすると、文法も体が覚えるような感じで学べるのできっと正しいのではないかと推測できる。


もっといろいろ書きたいのだが膨大すぎて大変なんことになってしまうので、あと一個であきらめる。

最後は運動のほう。


体操と「5歳男子のすべてが逆立ちで歩きレスリングで『勝負』。1日10分間の[駆け足で姿勢もピッとよくなります」

ということで、読書⇒勉強と来て、運動の話である。確かに毎日やればできそうだ。と思えてくる。ちなみに自分のまわりでの話だが、小さいころから、体操を習っていた人は、ほとんど全員いわゆる「運動神経がいい」タイプだったと思う。ある程度自由に体が動かせると他の競技もすぐに身につくようだ。


こういった本は、どれくらい書いてあることを実践してうまくいくか、が勝負だと考えている。

そういった中でも著者が儲けたいだけに出したんじゃないかと思わず疑ってしまうような本がけっこうあって、なんか残念な気分になっていたところだったので、久しぶりにいい本にであえて良かったと思っている。

ちなみに、もちろん10歳はとっくに過ぎたので使えるところは決して多くはないが、解釈して応用すれば勝手にたくさん役に立つように変えられるので大丈夫だ。

子育てする親の方は是非一度読んでみてほしいと思っている。

最近読んだ本の紹介:『儲けたいなら科学なんじゃないの?』『偉人たちのブレイクスルー勉強術』

Category :
最近読んだ本
儲けたいなら科学なんじゃないの?
儲けたいなら科学なんじゃないの?堀江貴文 成毛 眞

朝日新聞出版 2011-03-18
売り上げランキング : 4389


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


面白そうだったので読んでみた。二人の話し方、話の進め方が参考になった。内容は、どちらかというと「なんかすごいんだろうけど、良くわからない」という感じだった。例え話が多く、たぶん一般化がむずかしい感じだったと思う。成毛眞さんは、たくさんのことを知っていて、さすがたくさん本を読んできた大人だと感じた。役に立つかは正直、人によると思う。しかし、期待通り、読んでいて面白い本ではあった。




偉人たちのブレイクスルー勉強術 ドラッカーから村上春樹まで
偉人たちのブレイクスルー勉強術 ドラッカーから村上春樹まで齋藤 孝

文藝春秋 2010-11-25
売り上げランキング : 47114


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



歴史的な人物が多かった。それぞれ特徴的な勉強の仕方で自分に応用できるかはわからないが、いろんなパターンがあったことで、どれか自分に合っていればいいな程度の、楽しみは持てた。
それよりもこの本を読んでよかったことは、勉強術の一つに P94ゲーテの「自分を限定する技術」というのがあったのだが、ここでゲーテに興味が持てたことである。ここでたくさん気になる文章があったので、今度『ゲーテとの対話』を読んでみる。





再来週から一度、最近の本を読みまくるのを止めて、古典を読もうと思っています。自伝とか。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。